宅配水にかかる費用はどれくらい?

宅配水の費用と一言でいっても、家庭で使う場合で実際は、水、宅配代、宅配水そのものの費用、メンテナンス料、電気代などが含まれてきますので、ここまで考えておく必要があります。いざ使い始める時に、宅配水代しか考えていないと、後になって費用がかさんで大変なことになります。

 

水にかかる費用について

水の種類によって異なります。各メーカー特色のあるものを販売しています。メーカの中でも複数のラインナップがある場合がありますので、目的や価格が自分に合ったものを選ばれると良いでしょう。一般的によく出ているものの価格帯は、おおよそ12Lで1500円程度になります。お手頃なものであれば1000円以下でも探すことができます。水の種類を大きく分けると天然水RO水の2種類があります。毎日ペットボトルで水を購入する事を思えば、宅配水で購入するほうがお安くつく傾向にあります。

 

宅配料金について

水の宅配にかかる料金は、販売元によって様々です。水代と別料金のところもあれば、水代に含まれ宅配料金は無料というものもあります。

 

宅配水の料金

ウォーターサーバ自体の料金も販売元により異なります。無料で設置してくれるところもあれば、買取するシステムをとっているところもあります。また、サーバーのデザインも多様化しています。お部屋の中で存在感のあるものになりますので、お部屋に合ったもの選ぶというのも一つの選択肢です。レンタルの場合は、月に500円〜1500円に設定されているのが一般的です。

 

メンテナンス費用

宅配水は実際に人が口にする水を扱うため、1〜2年に1回はメンテナンスを行う必要があります。専門の業者に依頼する場合もありますが、販売店でメンテナンスキットを購入して自分でする場合もあります。この場合の費用はおおよそ1000円〜2000円です。こちらの方がお手軽ですので定期的に小まめにメンテナンスするのには適しています。業者に依頼すると5000円くらいかかります。

 

・月々の電気料金は?

一般的な宅配水には温水と冷水のスイッチがついていて、熱いお湯と冷水が出るようになっています。これら水の温度を保持するために電気代がかかりますので、月々おおよそ1000円くらいかかります。

 

宅配水の導入を検討されているのでしたらこれらの費用を念頭に入れて、初期費用月々の運用にかかる費用を考えて、どの商品にするのかを決められるのが良いでしょう。


このページの先頭へ戻る