リターナブル・ワンウェイ方式

宅配水のリターナブル・ワンウェイ方式のメリットとデメリット

水を宅配してもらうサービスは近年増えてきています。病院や自宅など様々な場所で宅配水が活躍しています。
この宅配水ですが、方式が2つあり、「リターナブル方式」「ワンウェイ方式」という方式があるのです。

 

リターナブル方式

毎回ボトルを回収し、回収したボトルは消毒をしてまた再利用する方式です。

 

ワンウェイ方式

毎回ボトルを新しいものに変える方式

 

どちらが環境に良いかと問われれば、当然、リターナブル方式がゴミが少なく済みますよね。毎回回収してリサイクルすることで、新たにボトルを製造するコストも手間も人員も省けますし、企業にとってはとても良い方式なのです。

 

ワンウェイ方式の場合、水を使い終わると毎回ボトルを捨てることになります。家庭で出るペットボトルのゴミと同じですが、薄くて潰しやすいのがワンウェイ方式のボトルです。毎回ゴミになるということで、かさばる感じもしますが、ワンウェイ方式のボトルは経費があまりかかっていないので、安価です。ワンウェイ方式の良いところは「新鮮さ」です。リサイクルしたボトルではなく、毎回新しいボトルを使うので、清潔感はあり、安心感はあります。リサイクルしたボトルはなんとなく嫌という人には、このワンウェイ方式のボトルで水を宅配してもらうのが良いでしょう。

 

こう書くとリターナブル方式が衛生面で問題があるように見えますが、全然そんなことはありません。リターナブル方式も消毒・滅菌に関しては徹底的に行います。業者が引き取ったあとは徹底した消毒作業を行いますので、衛生面に関しては何ら問題はありません。

 

完全に新品が届くというメリットがあるのはワンウェイ方式だけなので、これは強みといえるでしょう。リターナブル方式の問題点とされるのは、使用中に水がボトル内に逆流することによる雑菌混入という説があるのです。こちらのサイトでご紹介している宅配業者。この一部には、使用中の逆流防止を施している業者もいますので、リターナブル方式をお求めのさいは、こういった業者を選んで利用することをおすすめします。

 

ここまでご紹介してきたように、どちらもメリットとデメリットが存在しますので、ご自分に合った宅配方式を選ぶのが最善と言えます。衛生面では問題がないが、リサイクルされたボトルを宅配してもらうリターナブル方式か、新品が来るが、毎回ゴミが出るワンウェイ方式か。業者が同じ場合、水質に変わりはありませんので、あくまでも自分の嗜好で選んで良いです。


このページの先頭へ戻る