雑菌が繁殖できないような対策を各業者で打っている

ウォーターサーバーを利用したことのある人はお分かりでしょうが、水を入れるときにボトルの中でボコボコという音のしたことはありませんか?このボコボコという音は、水の入ったボトルの中に空気が入っている音です。実はこの空気が入ってしまうのが、水の衛生上問題になります

 

従来のウォーターサーバーは、水を使うたびにボコボコと外気を取り込んでしまう性質がありました。外気の中には無数の雑菌が浮遊しています。この雑菌が水の中に入ってしまうと、殺菌能力がないですし常温なので、爆発的に繁殖してしまう恐れがありました。しかし現在の宅配水サービスを見てみると、雑菌が繁殖できないようにさまざまな対策をしています

 

まず雑菌そのものがボトルの中に入ってこないようにしている宅配水があります。水を入れるとボトルの中の水量が少なくなります。この時、ボトル全体がつぶれるようにしぼむ形式をとっている業者があります。つまり空気が入ってこないようにすることで、水が外気を取り込まないようにしています。外気を極力取り込まないようにすれば、雑菌も水の中に混入しないわけです。

 

また雑菌が入ることを想定して、サーバーの中に殺菌機能を搭載しているサーバーも見られます。サーバーのタンクの中にUVを使った除菌をしているとか、高温循環機能を使って雑菌を死滅させてしまうわけです。このように各宅配水サービス業者とも、雑菌対策に十分な対策を行っています

 

これから宅配水サービスを利用しようと思っているのであれば、雑菌対策として何をしているかをチェックしてください。そして納得できる対策をしている業者を利用すべきです。


このページの先頭へ戻る