貯蔵水としての宅配水〜災害に備えて

家庭用の宅配水が注目されるようになったのは、東日本大震災のときです。震災直後はライフラインが完全に麻痺し、当然、水の確保も困難になりました。特に飲み水に関しては、原発事故の放射性物質の問題がありましたから、たとえ復旧したとしてもその安全性には疑問が生じたのです。つまり「安心して水道の水が飲めない」という状態でした。

 

震災後全国的に広がった水への不安

それは、被災地のみならず周辺のかなり広いエリア、たとえば東京でも大きな問題になりました。あのとき東京の浄水場でも、放射性物質の数値がかなり高くなり、パニック状態になったことを記憶している方も少なくないのではないでしょうか。必要でもない人が必要でもない量の水を買いあさり、スーパーマーケットから一切の水のペットボトルが消え、本当に必要としている人が水を買えない、という異常事態に陥ったのです。

 

もしあのとき、各家庭に1台の宅配水があったら、と想像します。もしそうだったら、あんな異常事態はおこらなかったにちがいありません。

 

ここに、家庭用宅配水の大きな魅力、社会的なメリットがあります。宅配水の貯蔵施設は全国各地にあります。すべての契約につねに対応できる量を貯蔵するというのが大前提です。つまり、注文量が多くなれば多いほど水の備蓄量も増えるというのが、宅配水の会社が使っているシステムなのです。

 

あの震災のときも、実際に宅配水の備蓄は十分な量がありました。それで需要に問題なく応えられ、宅配水を利用している家庭が困ることはまったくなかったのです。

 

平常時の利用がもちろんベースですが、「大きな災害が起こったときにも十分それに対応でき、多くの人を救う能力を持っているのが家庭用宅配水」ということができるのではないでしょうか。

 

実際に、震災以来水を備蓄する家庭が激増しました。一方で高齢化も進んでいます。「水は重い」という現実は変わっていません。

 

最近では、ボトル1本の内容量を多くして、その分、本数を増やすという宅配水の業者が多くなってきました。より持ち運びしやすいように、という配慮からです。進化する宅配水。「もしも」のときの「貯蔵水としての役割り」への期待は高まってきています。


このページの先頭へ戻る