停電になった場合にはどうすればいいの?

ウォーターサーバーは、冷水と温水がレバーをひねれば簡単に出てくるサービスを指します。水を温かくもしくは冷たくキープするために、電力を使います。基本的にウォーターサーバーを利用している間は、24時間ずっと電気を入れっぱなしの状態にします。このように言われると、電気代がかかるのではないかという不安を感じる人もいるはずです。

 

ウォーターサーバーを稼働させることによって発生する電気料金は、業者によって多少違います。しかし平均すると月に1000円程度になります。最近ではサーバーも進化していて、省エネサーバーといって消費電力を少なくできるサーバーも出てきています。省エネサーバーを利用した場合、月に500円程度、安いサーバーだと350円くらいの電気料金で利用できるタイプもあります。

 

ちなみに電気ポットを利用して水を温めて、飲み物などに使っている人はいませんか?電気ポットを1か月標準利用した場合、月に1000円前後の電気料金がかかるといわれています。その意味では、温かいお湯だけでなく冷たい水をどう料金かそれ以下で利用できる宅配水のサービスはお得といえるわけです。

 

大震災など大きな災害が発生した時には、ライフラインが寸断されることも考えられます。もし停電をした場合に、ウォーターサーバーは使用できるのかと疑問に感じている人もいるはずです。ウォーターサーバーの水は停電になったとしても飲めることは飲めます。しかし電気の供給がなくなるので、冷水も温水も機能しなくなり、時間が経過すればするほど両方とも常温に近づいてしまいます。

 

ただし常温であれば、サーバーにセットした後2週間から3か月程度水は飲めます。非常用という意味でも、ウォーターサーバーは役立つのではありませんか?


このページの先頭へ戻る