下痢になってしまうのは2つの可能性が考えられる

水道水から安全な水が飲めるということで、宅配水のサービスを利用してみたところ下痢するようになったという話を時々耳にします。宅配水の水は安全ではないのか、そのように疑問に感じる人もいるはずです。しかし宅配水自体の品質は問題なくても、下痢を起こす可能性があります

 

硬度の高い水を飲むと下痢になる可能性が!

1つ目の考えられるケースとして、水の硬度があります。硬水と呼ばれる硬度の高い水を飲むと、下痢になってしまうことが考えられます。硬度とは、水の中にどの程度のミネラル分が含まれているかを数値化したものです。日本の水道水を見てみると、ミネラルはさほど含まれていないので硬度の低い軟水です。ちなみに外国産のミネラルウォーターは硬水であることが多いです。

 

これまでずっと軟水である水道水を飲んできた人が、硬水を口にすると下痢を起こす可能性があります。そこでウォーターサーバーを導入するときに、どのような水を使っているかを確認してください。また赤ちゃんがいて、ミルクを作る水のためにウォーターサーバーを利用しようと思っている家庭はありませんか?赤ちゃんはまだ胃腸が十分に発達していないので、硬度の高い水を飲ませると下痢をする恐れがあります。

 

水を飲み過ぎると下痢になる原因に!

2つ目の理由として考えられるのが、水をたくさん飲み過ぎてしまうケースです。水道水を今まで飲んでいた人にとっては、ウォーターサーバーの水はおいしく感じるはずです。カルキ臭さがありませんし、常に冷水を飲めるので、おいしいと感じやすいです。

 

そこでついついいつもと比較して、たくさん水を飲んでしまう人がいます。そうすると内臓を冷やしてしまって、下痢を引き起こすのです。ほどほどの量にするか、少し水を置いて常温に近い状態で飲むべきです。


このページの先頭へ戻る