解約違約金は3つのタイプに分類できる

宅配水サービスを利用するときには、一つ注意しておくべきことがあります。それはウォーターサーバーと契約するにあたって、最低契約期間が決められているということです。もしこの最低契約期間を満たさずに中途解約をすると、違約金が発生する可能性があります。

 

そこでウォーターサーバーと契約する前に、最低どのくらいの期間は利用しないといけないのかを確認しておくことです。ウォーターサーバー業者の最低契約期間を見てみると、1年を最低期間としている所が多いです。中には半年という短い期間もありますし、2〜3年という長期契約を前提としてユーザーを募集しているウォーターサーバー業者もあります。

 

ちなみに解約違約金は、5000円としている所が多いです。ただしより高い金額設定にしている所もあって、1万円程度の違約金を支払わないといけない業者も見られます。また解約違約金を一律にしていない所もあります。契約期間に応じて、違約金を決める業者もあるのでどのようなシステムになっているかを確認することです。中には、解約金や解約手数料といったペナルティを一切課していない所もあります。

 

アクアクララというメジャーなウォーターサーバー業者があります。アクアクララでは、フランチャイズ制を導入しているのでそれぞれの店舗によって解約手続きのルールが異なります。最低契約期間も解約違約金も店舗によって異なりますので、事前に確認をする必要があります

 

特に賃貸暮らしをしていて、将来引越しをする公算の高い所はウォーターサーバーの最低契約期間をチェックすべきです。解約手数料のような余計なコストのかからないようにしてください。


このページの先頭へ戻る