日本以外の国での水はどうなっているのか

日本は周りを海に囲まれており、昔から水というものに恵まれた環境でした。山があり海もあり、常に水が自分たちの周りにいくらでもあるという錯覚に陥ってしまっています。

 

水道設備も完備されているのがほとんどで、蛇口をひねればいくらでも水がでます。夏場に降水量が少ないときに一部地域で水不足という状態にはなりますが、それも一定期間です。

 

海外に行ったことのある人なら実感できることですが、日本のように水道水を飲むことのできる国は非常に少ないのです。多くの国ではボトルに入った水を飲むのが普通とされています。そのほうが安心とされているからです。

 

世界の水事情

また、世界の中では7億人以上の人々が、水を満足に飲むことや使用できない環境にいます。水不足は食糧危機、紛争などにもつながるほどの問題なのです。それほどまでに人間にとって水というものは必要不可欠なものなのです。

 

これから更に人口も増え、温暖化による砂漠化などの環境の変化による水不足はまだまだ根深い問題になってきます。深刻化するこの問題解決のため、節水はもちろんのこと、先進国が進んでこの水問題に対して考えて行動していかなければなりません。いかに節水するか、水をきれいにするかなどの技術発展が大事になってきます。


このページの先頭へ戻る