「アルカリイオン水」ってなあに?

アルカリイオン水」という水をしばしば目にしますよね。何となく言葉の持つイメージで、身体に良い水なんじゃないかな?と思ってしまいますが、実際のところどんな風に身体に良い水で、どうやって作られているのでしょうか。

 

アルカリイオン水とは?

水を電気で分解すると弱酸性の水とアルカリ性の水の2種類に分かれます。プラス電極に弱酸性水、マイナス電極にアルカリ性水という具合です。このアルカリ性水がアルカリイオン水なのです。それでは弱酸性水は何かに利用されないのかというと、多少の殺菌作用を持つため洗顔水などに利用することができます。ただ基本的に飲料には適さないため、ミネラルウオーターとして目にすることはない訳です。まれに、採取した段階で何もせずとも酸性に傾いている天然水もあります。これも同じくアルカリイオン水と扱われます。

 

それではなぜアルカリイオン水が身体に良いのでしょう?本来健康である人間の身体は、弱アルカリ性なんだそうです。ところが多くの現代人の食生活は乱れていて、実際のところは体内は酸性になってしまっているのです。あなたも脂っこいものやお菓子の摂りすぎに心当たりがあったりしませんか?そこで登場するのがアルカリイオン水です。飲むことにより酸性の身体を弱アルカリへと導いてくれるのです。普通のミネラルウォーターよりも身体に吸収されやすいのも特徴です。

 

このように普段摂取する水をアルカリイオン水に変えるだけで健康効果を得られるため、飲料水はもちろん料理など日常的に利用したいところです。そういった場合は、毎回毎回お店でペットボトルを購入してくる手間のかからない宅配水が便利です。ウォーターサーバーのレンタル代は無料なところもありますし、冷水と熱湯が使いたいときにワンタッチで出せるのが便利です。小型の卓上サーバなどもありますので、あなたに合ったものを探してみてはいかがでしょうか。


このページの先頭へ戻る