よく耳にする『水の硬度』という言葉について

『硬水』と『軟水』の違いとはなんでしょうか?

ミネラルウォーターを購入しようと思った時、商品表示に『硬水』・『軟水』と書かれているのを目にした事はありませんか。これは水の『硬度』を表す表記で、カルシウムとマグネシウムの含有量が多いほど硬度が高い水という意味です。ヨーロッパ各国とアメリカでは使用している硬度単位が異なる為注意が必要です。採水地が日本の場合、基本的に取れるミネラルウォーターや飲まれている水道水は軟水です。逆にヨーロッパ各国では水道水やミネラルウォーターは硬水なのが一般的です。そのため洗顔を水で行う事が一般的な日本に比べ、ヨーロッパでは拭きとりが主流です。なぜならば硬水で洗顔すると石鹸が泡立たず、肌が傷つく危険性があるからです。

 

また、日本では食事や飲料用にミネラルウォーターを購入する場合、日本で一般的な軟水が人気です。実際硬水でお茶を入れると違和感を感じますし、和食など日本の食事には軟水が適しています。

 

また、小さなお子様の飲料水や赤ちゃんのミルク用の水にも軟水が適しています。ミネラル分は大人にとってはよい働きをする事もありますが、小さなお子様や赤ちゃんは内臓に負担がかかります。宅配水を選ぶ際は、小さなお子様にも安心の軟水を選ぶ事をお勧めします。また調乳が簡単にできる温水と冷水の両方が出るタイプを選べば、忙しいママの負担を軽減する事が出来ます。もちろん簡単に調乳ができるので、パパでも簡単にミルクを作る事が可能です。


このページの先頭へ戻る