宅配水と水道水を比較すると

宅配水と水道水を比べたときの違い

水道水には、雑菌が増えて汚染しないように殺菌のための塩素が混ぜてあります。塩素には独特の刺激臭があるので正直あまり飲みたくなるような臭いではありません。しかし、宅配水に塩素など消毒する薬品は入っていないのです。

 

つまり、万が一宅配水に雑菌が混入してしまった場合は、菌の繁殖を抑えることはできません。でも、宅配水に使われている水はフィルターで不純物や雑菌を濾しとっていますから、通常は菌が入り込むことはありません。安全に美味しく水を味わうことができるのです。水の管理方法については宅配水メーカーによって微妙に異なりますが、ROフィルターというフィルターを通すことで、水に含まれる化学物質を定められた基準値より下回るようにしています。きちんと化学物質が除去されたかどうか確認してから出荷をしていますから、安全は保証されているわけです。

 

水道水は美味しくなくて、身体にも良くないわけは

お客さんがなぜ水道水をやめて宅配水を選ぶかというと、やはり水道水に魅力が欠けるからです。具体的にいうとあまり美味しくないですし、含まれている不純物が健康を害する可能性があります。水の消毒のための塩素もその一つです。川や池にある普通の水を飲めるようにするためにはそれが必要なのですが、やはり独特のカルキ臭というものが残ります。

 

これを飲んでも、料理に使ってもあまり美味しくないのは当然です。それに塩素というものはあまり身体にも良くないのです。しかし、塩素がなければ水道を通ってくる間に雑菌が入り、そのまま繁殖してしまうことにもなり得ます。

 

美味しい宅配水の秘密

人間が美味しいと思う水には、ミネラルや二酸化炭素が適度に含まれていることが多いです。二酸化炭素が含まれていると飲み口が爽やかになり、まろやかさを増してくれます。ミネラルの量によって水を硬いとか、軟らかいとか言います。カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが豊富な水のことを硬水と呼び、これらが少なめの水を軟水と呼びます。日本人が慣れ親しんだ味の水は軟水なので、現在でも日本では軟水が人気です。まったくミネラルなどが含まれていない水は純水と呼ばれるものですが、これはちょっと飲むには味気ないようです。また、水が一番美味しい温度というのは、10〜15℃ぐらいです。喉が少しひんやりするくらいですね。


このページの先頭へ戻る