病気予防のためにも水分補給を

病気になる前に水分補給

身体から水分が失われると様々な疾患が起きてしまいます。死に至る危険性もありますので、人間は毎日定期的に水分を摂らなければなりません。

 

水分は体内をめぐる

生き物の身体のほとんどは水分でできています。人間も同様で、実に身体の六割が水です。血液というものですね。血液は血管の中を通って全身をめぐり、栄養分や酸素を末端にまで送り出し、不要な老廃物や二酸化炭素を末端から受け取って身体から出してしまう機能が人間の身体にはあります。人間が水分を失うと死ぬ理由の一つです。

 

たくさん飲むのには向かない水道水

以上のように水分を摂ることは人体にとってとても大事なことです。しかし、実際の話、水道水を毎日喜んで飲めるかというとなかなか難しいことです。そもそも世界では水道水をそのまま飲めはしませんが、日本では水道からすぐ飲むことが可能です。しかし、それでも飲料水としての魅力には欠けます。その点、宅配水の天然水は美味しさも十分ですし、安全も確保されています。

 

毎日一定量の水分を摂ることは健康に良い

歳をとっていくとだんだん水分を進んで補給しようとする意欲が失われていくといいます。新陳代謝が遅くなり、運動量が減ると喉が渇かなくなってしまいます。しかし、一定量の水分を毎日摂ることは身体に良いことなのです。

 

こんな水を飲むと血行が良くなります。

いわゆるミネラルウォーターには、カルシウムバナジウム亜鉛といったミネラルがたくさん溶けこんでいます。これらは人が健康でいるために必要な成分です。亜鉛や有機ゲルマニウムの入ったミネラルウォーターには、血の巡りを良くしてくれる効能があると言います。水は毎日飲むものです。それに血行を良くしてくれる効果があるとしたらとてもお得な感じがしますね。血の巡りが改善すれば、身体の冷えや脂肪燃焼などにも効果が上がります。健康のための水分摂取を始めてみませんか?


このページの先頭へ戻る